スリラー・ホラー・ミステリー

生き残るための試練!『SAW』で体感する恐怖の連鎖

Amazonプライムビデオで視聴して面白かった映画を紹介している本Blog。今回はSAWシリーズに焦点を当ててみたいと思います。2004年から毎年ハロウィンの時期に公開されていたSAW。最近は毎年の公開ではなくなってしまいましたが、ファンも多く続編も継続的に製作されている映画です。

そんな「SAW」シリーズは、巧妙なプロットと衝撃的な展開で知られるホラー映画フランチャイズです。このシリーズは、犯罪と謎解きを中心に展開され、観客を心理的なスリルと緊張感で包みます。SAWシリーズの中心人物は「ジグソウ」と呼ばれる謎の人物で、彼の信念や動機に基づく残忍なゲームが物語の主軸となっています。以下に、各作品の概要とジグソウのゲーム内容をネタバレなしで紹介します。

SAW(2004年)

引用元 amazonプライムvideo

シリーズ第1作目「SAW」は、二人の男性、アダムとローレンスが薄暗い地下室に閉じ込められ、鎖で縛られているシーンから始まります。彼らは目覚めた後、自分たちがジグソウという名の連続殺人鬼によって捕らえられたことを知ります。ジグソウは、彼らに命を懸けた恐ろしい選択を強いるゲームを仕掛け、時間内に脱出するためのヒントを与えます。

アダムとローレンスは、地下室の中で様々な手がかりや道具を見つけますが、それらは全て命を賭けた試練を乗り越えるためのものです。彼らは協力しながらも、互いに疑念を抱きつつ進めていきます。ジグソウのゲームは、単なる体力や知識の試練ではなく、彼らの意志や倫理観を試すものでもあります。時間が刻々と過ぎる中、彼らは絶望的な状況に直面し、自分たちの限界を試されます。

SAW II(2005年)

引用元 amazonプライムvideo

第2作目「SAW II」では、再びジグソウのゲームが展開されます。刑事エリック・マシューズはジグソウを捕らえることに成功しますが、彼の息子がジグソウの仕掛けたゲームに巻き込まれていることが判明します。ジグソウはエリックに、彼の息子を含む8人の人質が生死を賭けたゲームを強いられていることを告げます。

このゲームの舞台は、廃墟となった屋敷の中で、被害者たちは一連の罠や試練に直面します。それぞれの部屋には異なる罠や課題が設置されており、被害者たちは協力して解決しなければならない状況に追い込まれます。ジグソウの狙いは、彼らが自分自身や他者の命をどのように評価するかを試すことにあります。エリックは息子を救うために時間と戦いながら、ジグソウの真の意図を探ります。

SAW III(2006年)

引用元 amazonプライムvideo

第3作目「SAW III」では、ジグソウの健康状態が悪化していることが明らかになります。彼は医師のリン・デンロンを拉致し、自分の命を維持するよう強制します。一方で、別の被害者ジェフが復讐のための試練に立ち向かう物語も並行して描かれます。

リンは、ジグソウの命を維持するために様々な医療処置を施す一方で、ジェフは自分の家族を殺した犯人たちに対する怒りと憎しみを抱えながら、ジグソウの仕掛けた試練に挑みます。ジェフの試練は、彼の許しと復讐の間での葛藤を象徴しており、彼がどのような選択をするのかが物語の鍵となります。ジグソウの助手アマンダも重要な役割を果たし、シリーズ全体のプロットがさらに複雑になっていきます。

SAW IV(2007年)

引用元 amazonプライムvideo

第4作目「SAW IV」は、ジグソウの死後もなお続くゲームに焦点を当てています。捜査官リッグが新たなゲームに巻き込まれ、過去の犠牲者や事件の真相に迫ります。リッグは、ジグソウの罠を避けながら、限られた時間内に次々と試練をクリアしていかなければなりません。

リッグの試練は、彼の職業倫理と個人的な信念を試すものであり、彼が他者の命をどのように救おうとするのかがテーマとなっています。ジグソウの遺志を継ぐ者の存在が明らかになり、シリーズの謎がさらに深まります。この作品では、ジグソウの影響力とその理念がどのように広がっていくのかが描かれます。

SAW V(2008年)

引用元 amazonプライムvideo

第5作目「SAW V」では、FBI捜査官ストラムがジグソウの後継者を追い詰める過程が描かれます。彼はジグソウのゲームの背後に潜む真実を暴こうとしますが、自身も罠に陥ることになります。一方で、5人の新たな犠牲者がジグソウのゲームに巻き込まれ、彼らの生存と脱出が試されます。

このゲームは、被害者たちが協力することで生存の可能性が高まるという構造になっていますが、彼らの間に信頼や協力が欠けているため、試練を乗り越えるのが困難になります。ジグソウのゲームは、単に生存をかけたものではなく、被害者たちの過去の行動や性格を試すものでもあります。この作品は、シリーズ全体の複雑なプロットとキャラクター間の関係性をより深く探求し、観客に新たな驚きを提供します。

SAW VI(2009年)

引用元 amazonプライムvideo

第6作目「SAW VI」では、保険会社の幹部ウィリアムがジグソウの試練に直面します。彼の過去の決断が人々の生死にどのような影響を与えてきたのかが問われ、彼はその報いを受けることになります。また、FBI捜査官エリクソンとペレスがジグソウの後継者の正体を追い詰めていく過程が描かれます。

ウィリアムの試練は、彼の仕事における倫理観と個人的な価値観を試すものであり、彼がどのような選択をするかが物語の焦点となります。ジグソウのゲームは、社会的な批判を含んでおり、保険制度の不条理さや人間の命の価値についての深い問いを投げかけます。この作品は、ジグソウの哲学と社会批判が色濃く反映されており、観客に倫理的な問いを投げかけます。

SAW VII The Final(2010年)

引用元 amazonプライムvideo

第7作目「SAW VII The Final」はシリーズの完結編として、ジグソウの遺志を継ぐ者たちと、そのゲームの終焉が描かれます。生存者たちが再び試練に立ち向かう一方で、ジグソウの遺産が明らかにされます。最終的に、ジグソウの真の目的とその全貌が明らかになります。

この作品は、シリーズ全体のテーマとメッセージを締めくくり、観客に強烈なインパクトを与えます。ジグソウのゲームは、彼の信念や倫理観を反映しており、彼が人々に与えた影響やその後の展開が描かれます。ジグソウの真の意図が明らかになることで、観客はシリーズ全体を通して提示されたテーマについて再考する機会を得ます。

Jigsaw レガシー(2017年)

引用元 amazonプライムvideo

「SAW」シリーズのリブート作品である「Jigsaw」は、ジグソウの死後10年を経て新たなゲームが開始される物語です。「Jigsaw」では、新たなゲームが始まります。警察はジグソウの模倣犯が現れたのか、それとも彼の遺志を継ぐ者が活動を再開したのかを解明しようとします。新たな犠牲者たちは、ジグソウの手法に忠実な試練に直面し、彼らの運命が試されます。ジグソウの哲学と手法が再び浮かび上がり、観客に新たな驚きと興奮を提供します。

Spiral: From the Book of Saw(2021年)

引用元 amazonプライムvideo

「Spiral: From the Book of Saw」は、シリーズのスピンオフ作品で、刑事エゼキエル・バンクスとその相棒がジグソウの模倣犯による連続殺人事件を追う物語です。バンクスは、父親で元警察署長の影響を受けつつ、過去のトラウマと向き合いながら捜査を進めます。この作品は、従来のSAWシリーズのエッセンスを保ちつつ、社会的なテーマを取り入れた新しい試みとして注目されています。

SAWシリーズのゲーム内容

「SAW」シリーズの各映画では、ジグソウが仕掛ける様々なゲームが展開されます。以下に、いくつかの代表的なゲーム内容を紹介します。

リバース・ベアトラップ

シリーズの初期から登場する有名な罠の一つがリバース・ベアトラップです。この罠は、被害者の顎に装着され、タイマーが作動すると逆方向に広がり、顎を引き裂く仕組みになっています。被害者は、限られた時間内に鍵を見つけて罠を解除しなければなりません。この罠は、恐怖と緊張感を最大限に引き出す設計となっています。

ニードルピット

「SAW II」に登場するニードルピットは、注射器で満たされたピットで、被害者が目的のアイテムを探すために飛び込まなければならない試練です。この罠は、物理的な痛みと心理的な恐怖を組み合わせたもので、観客に強烈なインパクトを与えます。被害者は、自己の恐怖心と戦いながら、目的を達成するために行動しなければなりません。

SAWシリーズのテーマとメッセージ

SAWシリーズは、単なるホラー映画の枠を超えた、心理的スリラーとサスペンスを兼ね備えた作品群です。ジグソウの哲学や倫理観、人間の極限状態における行動や心理を巧妙に描き出し、観客に強烈な印象を与えます。それぞれの作品が持つ独自のストーリーとキャラクターの深みは、シリーズ全体を通じて一貫したテーマとメッセージを持っています。

生きる価値と倫理

ジグソウのゲームは、被害者たちに生きる価値と倫理について問いかけます。彼は、被害者たちが自分自身や他者の命をどのように評価するかを試し、彼らに命の大切さを再認識させようとします。ジグソウの試練を通じて、観客は自分自身の倫理観や価値観について考える機会を得ます。

自己犠牲と利己主義

ジグソウの試練は、被害者たちの自己犠牲と利己主義を試すものでもあります。彼らは、自分の命を守るために他者を犠牲にするか、あるいは他者の命を守るために自己犠牲を払うかという選択を迫られます。ジグソウのゲームは、極限状態における人間の本能と倫理的な判断を浮き彫りにします。

人間の再生と償い

ジグソウは、自分のゲームを通じて被害者たちに再生と償いの機会を提供しようとします。彼は、被害者たちが過去の過ちを反省し、新たな生き方を見つけるための試練を与えます。ジグソウの試練を通じて、被害者たちは自分自身と向き合い、過去の過ちを償うための道を模索します。

まとめ

SAWシリーズは、巧妙なプロットと心理的なスリルで観客を魅了するホラー映画フランチャイズです。ジグソウの哲学や倫理観、人間の極限状態における行動や心理を描き出すことで、観客に深い考察を促します。ジグソウの試練は、単なる生死を賭けたゲームではなく、被害者たちの倫理観や価値観を試すものでもあります。シリーズ全体を通じて、一貫したテーマとメッセージが描かれ、観客に強烈な印象を与えます。

AmazonプライムビデオでSAWシリーズを楽しもう

この刺激的でスリリングなSAWシリーズは、Amazonプライムビデオで視聴可能です。まだプライム会員でない方も、30日間の無料体験を利用してこのシリーズを楽しむことができます。プライム会員になると、豊富な映画やドラマ、音楽、電子書籍など多彩なコンテンツが追加料金なしで楽しめます。今すぐ無料体験を始めて、SAWシリーズの全貌を体験し、その驚きと恐怖を堪能してみてください。

SAWシリーズのご視聴はこちらをクリック↓↓↓

SAWシリーズのご視聴はこちらをクリック↑↑↑
スポンサーリンク