ギターレッスン動画

【実体験】○ヶ月で激的にギターが上手くなりました!この期間を越えればもっとギターが楽しくなる

どうもこんにちは中前議晴です。

ギター練習してるけどなかなか成長が感じられない…
こんな方にぜひ見て欲しい記事となっています。

局所性ジストニアの発症によりレフティへの転向を決意。
練習開始から半年が過ぎ、この半年の中でグッと成長を感じる時がありました。

この実体験をもとに今回は話を進めていこうと思います。

そして後半では、ギター練習のモチベーションを保つためにも
知っておいた方が良い、ギターが上手くなっていく過程について話していきます。

  • 毎日弾いてるのに…
  • 何時間も弾いてるのに…
  • SNSの上手い人を見て自分にはダメなのかな…

みたいにモチベーションが下がってきてしまっている方、
ぜひ最後までお付き合いください!

5ヶ月で変わる

できるだけ多くの方に観ていただきたい話なので
記事のタイトルでは伏字にしてしまったんのですが、
長く引っ張っても鬱陶しいと思うので先に数字を言っておきます。

正式なタイトルは

【実体験】○ヶ月で激的にギターが上手くなりました!この期間を越えればもっとギターが楽しくなる

です。

伏字の部分は5ヶ月でした。

先日の動画で、レフティでの練習を始めて2週間目の練習風景をご覧いただきました。

見てくれた方は知ってると思うんですが、たどたどしかったですよね。

パワーコードどころか1音押さえてその弦を的確にピッキングする、
ただそれだけの事が出来なかったわけです。

それがグッと伸びて、
あれ?俺弾けるようになってんじゃない?

って大きく成長を感じることができたのが練習開始から5ヶ月目の事でした。

もちろん1ヶ月目、2ヶ月目、3カ月目と徐々にですが上手くはなってはいます。
できる事も確実に増えてました。

でも1つの動作をするのに弦を押さえる指の動かし方や、
ピッキングのパターンや進入角度、弦を弾く強さなどを
頭で考えないと弾けませんでした。

例えばパワーコードだとすると、親指の位置はここだな!

小指はここの位置で力加減はこのくらいで、力を入れる角度はこのくらい。

ピッキングも、指がここを弾くタイミングで空振りが入って
この指でこの音を弾く時にアップピンキングから入る。

といった具合に一つ一つ考えて、動作をかみ合わせないと弾けなかったんですね。

それが5か月目に無くなりました。

弾きたいフレーズをパッとなぞれるようになってきました。

なぞるだけなので原曲のスピードよりかなり遅いですし、
まだまだ荒削りの雑な音しか出ませんが、それでもかなり変わった実感がありました。

あと、ピッキングのガチャガチャ引っかかる感じがなくなってきたのもこの時でした。

それまではピックが弦に深く入りすぎて抵抗が強くなってしまったり、
弦をしっかり押さえることができていない事が原因で、
弾いた時の音がガチャガチャした強い音になってしまっていたんですよね。

それが5か月目に入った頃になくなりました。

他人でも感じられる成長

最近は寒いのでリビングで練習してることが多いんですが、
そばにいた嫁が「なんかスムーズになったね」って気づくくらいでした。

ギターに限らずですが、成長具合って自分では少しの変化にも気づくことができたとしても、
他人にその少しの成長や変化を理解してもらえることってないと思うんです。

他人が気が付く時は大きく変わった時なので
嫁からそう言ってもらえたって事は実際にグッと変わったんだと思っています。

これは自分の場合の数字なので練習の頻度や時間、内容、
集中具合などによっても前後することはあります。

でもあなたがまだギターを始めたばかりなのであれば
先ずは5ヶ月、これを目標に頑張ってみませんか?

また、経験者の方でも、弾けないフレーズなどにぶち当たった時に
すぐ自分には弾けないと思うんじゃなくて5ヶ月、気長に頑張ってみませんか?


何かが変わってくるはずです!

成長速度の理想と現実

ここからは自分の経験をもとにひとの成長速度について話してみたいと思います。

頑張ったら頑張った分だけ上手くなる、それが理想ですよね。

なのでみんなが思い描く成長ってこんな感じだと思います。

横が時間軸、練習期間ですね
縦が上手さです。

時間をかければどんどんうまくなる!

理想的な成長ですよね。

でも残念なことに、このグラフ通りに成長する事ってまずないです!

じゃあどうなんだ?って
実際はこんなグラフになります。

これもさっきと同じく、横が練習期間、縦がギターの上手さです。
時間と共に伸びて、途中から伸びなくなってます。

そしてまた伸びる。

人の成長ってまさにこれなんです!

ギターを始めたばかりの頃は何やっても伸びるんですよ!
伸びるから楽しいですしね。

でもある程度までくるとこの伸びない期間に突入します。

練習してるのに上手くならない、そんな期間です。

この期間が終わるとまた成長する期間がやってくる。
そしてまたどこかで停滞する。

これを繰り返して成長していきます。

成長の強敵プラトー

この進歩が一時的に停滞する状態をプラトーと言ったりしますが、
この期間って成長が感じられないからつまらないんですよね。

それにいつこのプラトーを抜けられるのか誰にも分からない訳です。

だから不安にもなりますよね。

でもこのプラトーの間もまったく成長してない訳じゃないんです。

プラトーの間も成長をしてるんです。

ドラクエでスライム倒しまくってもレベル上がらないな~
って事ありますよね。

でも経験値は溜まっていってますよね。

その経験値がたまって一定のところまで来たらレベルアップします。

でもレベルが上がらないからってスライムを倒さずに何もしなかったらどうでしょう?

経験値がたまらないからレベルアップすることはないですよね。

レベルが上がれば上がるほど次のレベルに進むために必要な経験値って増えるじゃないですか?

ギターも上手くなればなるほど、次の段階に進むために経験値が必要になるんですよね。

自分は趣味でウエイトトレーニングをやってるけど、まさにこのグラフ通りで
ベンチプレス100kg上げたいのにあと2,5kgって段階で数か月停滞とか
つい最近経験しました。

この停滞してしまってる間にもトレーニングを続けたのはもちろん、フォームを変えてみたり
セットの組み方を変えてみたり試行錯誤し、経験値を積んだ結果…

100kgあがりました!


なかなか達成できないし、日によっては今まで簡単に上がっていた重量すらも
上がらなくなったりするし、もうどうしたもんかと…

こんなふうに思う事もありましたが続けて良かったと思ってます。

次は110kgですねw

正しく練習を続けていれば、必ずプラトーを抜ける時がやってきます。

さっき自分が5か月目でグッと成長が感じられたと話しましたが、
まさにあれがプラトーを抜けた時ですね。

なので今はぐんぐん伸びてる期間なので、レフティでのギター練習が本当に楽しいです!

上手くならないな~

っていうプラトーの状態でも、少しづつ少しづつ成長はしてるはずなんです。

次のレベルに進むための経験値をためる期間だと思って、
自分を信じてギターを続けていきましょう!

という事で、今回は自分の実体験をもとに、グッと成長するために必要だった期間と、
プラトーについてお話ししてみました。

それではまた次回!!
最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク